2009年08月30日

ターバン 野口 作り 方 その3 お札の肖像はどうやって選ばれるの?


お札の肖像はどのように選ばれるのですか?という質問に対して、


お札の肖像の選び方には特に決まりはありませんが、通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の三者で協議し、最終的には日本銀行法によって財務大臣が決めることになっています。

というのが、独立行政法人 国立印刷局の回答で、全く面白くもありません。

様々な候補者の中から、何故、この人物が選ばれたのか、その選考経過を公表したっていいじゃないですか!

教えてGooなどでは、具体的な根拠は何も記されていませんが、

聖徳太子の1万円札と5千円札が発行停止になったのは
1984年ですが、
同時に「伊藤博文」の千円札が発行停止になりました。

ご存知のように、伊藤博文は明治維新と近代国家建設の英雄ですが、
隣国の韓国からすれば侵略のリーダーで、
伊藤を暗殺した安重根(あんじゅうこん)は韓国国民の大英雄です。

これが、「変えなければならなかった」強い理由です。

という具合に説明されていて納得してしまいますが、何の公的なエヴィデンスがある訳ではありません。

余談ではありますが、我が国の終戦(敗戦)記念日8月15日は、
韓国の独立記念日だそうです。

肖像画の大きさからしても、「ダーバン伊藤」の考案は無かったでしょうね。
posted by ターザン at 17:44| ターバン 野口 作り 方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。